子どもの言語習得に関する調査研究

2020年春に「日本語の音韻認識と復唱能力に関する調査」を実施しました。
その結果を踏まえ、日本在住で日本語を母語としない未就学児を対象とした
日本語学習支援のツール preschool-kotoba.onlineを開発中です。

 preschool-kotoba.online (トップページ)

このサイトには、子どもの日本語発音の評価と練習を目的とした「こどものことば」
の他に「SOSにほんご」が含まれています。

「SOSにほんご」は、日本語が話せない外国人の妊婦や赤ちゃんを育てている人が、
緊急事態に助けを求める際に使えそうな言葉を載せています。
「おなかいたい」「だれかきて」などの日本語音声を聞き、その言葉に対応する
東アジア言語の訳語を見ることができます。

「SOSにほんご」については、下記のGoogle siteにてデモ版を先行公開しています。
英語、中国語、ベトナム語、ネパール語が利用可能です(2021年3月31日現在)。

 https://sites.google.com/view/preschool-kotoba



参考:
九州大学大学院 言語運用総合研究センター 社会連携特別セミナー
2021年3月14日(日)13時30分~16時
「音声情報処理技術を用いた言語学習・獲得支援」
 東京大学大学院工学系研究科
   峯松信明(教授) 西村多寿子(特任研究員)